敏感肌対策のスキンケアをおこなう

肌トラブルの予防メモBLOG!
■HOME >> 敏感肌対策のスキンケアをおこなう

敏感肌対策のスキンケアをおこなう

敏感肌対策のスキンケアをおこなう場合には、肌が乾かないよう、しっかりと水分を保つ事が望まれます。
保湿の方法にはいろいろあります。化粧水やクリーム等がたくさん揃っていますし、化粧品(最近では、口コミをみてから購入する人も少なくありません)にも保湿効果の高いものがあります。保湿能力の大きいセラミドが使われているスキンケア商品を使うのもいいものと思われます。


素顔に年齢を感じるときってありますよね。いまがちょうどそんな感じです。
もともと皮膚が薄いほうなのですが、笑ったときのヨリ皺が悩みの種なんです。「皺は年輪」の年齢にはほど遠いのに。肌のケアは昔からきちんとしているつもりです。
乾燥肌なので、目周りはクリームとジェルの合わせテクニックで効く保湿を怠らなかったのですが、アンチエイジングをまじめに考えようかと思っています。エイジングケアではコラーゲンを摂る事がとても重大な事だと思います。


コラーゲンはスキンのハリやツヤを供給してくれます。
未成年の時のような素肌にするには、コラーゲンが不可欠です。コラーゲンが十分に入っている食物やサプリメントで補給するのが有効なようです。

たとえば、紫外線の量が同じだとしても、肌に出来るシミは人それぞれです。
簡単に言うと、シミができやすい肌というものが存在していますのです。具体的な話では、白く、きめの細かい肌のことを言います。


どう見分ければいいかというと、夏場など、日焼けした時に黒く残らずに赤くなる人がそのタイプだといえます。白くきめの細かい肌は美しいですが、それだけ繊細なんですね。お肌のケアに必要なのは肌の水分量を保つことです。



肌の水分量が減ると肌のキメがあらくなってきます。


お肌のキメを整えるにはまず洗顔が大切になります。念入りに泡だてたバブルで、力をいれないで洗顔。

後、週1ぐらいにピーリングをすることで、肌のリサイクルを早めます。


以後、保湿ケアを行ない、毛穴を整える毛穴の修復をして下さい。敏感肌のスキンケア用の化粧水には、余分な成分が入っていないシンプルなものを選ぶのがいいです。界面活性剤がふくまれていると、肌が突っ張ってしまい肌にとってダメだ事が起こったりします。ですので、安い化粧水でも構いませんので、肌にたっぷりと浸透させて、保湿を心掛けるようにされて下さい。私の母は、顔を朝洗う時、ソープや洗顔フォームを用いません。
母は顔を洗う時には水だけで洗います。

母によると、石鹸や洗顔フォームで顔を洗うと、必要な皮脂までもが全部落ちてしまってお肌に悪いから水だけでじゅうぶんと、石鹸いらない説をよく言います。



そんな母はですが、65歳という年齢を感じさせずすべすべしています。

肌のハリが失われ、シミも増えたしシワも深まるし、などと鏡の中の顔をつくづく見ながら思うようになったら、毎日のご飯の内容を見直し、変えてみることを御勧めします。



飲食物が変わると、肌の質が変わってきます。

そして、シワ、シミなど肌トラブルの改善も期待したいところです。

毎日食べる食物によって、私たちの身体はつくられている、というのはシンプルな事実です。
難しく考えずに「暴飲暴食をしない」といった辺りから初めて、それからご飯内容の吟味に進めばよいでしょう。これは地味ながら究極のアンチエイジングだと言っても良いでしょう。その効果は、肌にはっきりと表れることでしょう。ホワイトニング成分としては色々ありますが、特にプラセンタがシミに対して有効です。
シミの原因のメラニンが新たにできることをぎゅっと抑えるしごとをします。それに、細胞分裂を活発にする成長因子を持っていますので、細胞の入れ替わりが活発になり、不必要な角質といっしょにシミもとれやすくしてくれます。潤いの代表コラーゲンの生成をアップする効き目もあって、美しい肌へと生まれ変わりやすくなるでしょう。

欲張りな女子にはもってこいでしょう。

煎茶や玉露などの緑茶はカテキン含有量が多いことで知られています。

カテキンによって、ビタミンCの減少が抑えられビタミンCが体内で有効に働くようにしています。


お肌のターンオーバーを盛んにし、白いお肌を保つためにはビタミンCをしっかり摂取したいので、ビタミンCとカテキンを同時に摂取できるなら、表皮のメラニンが増えて色素が沈着し、シミになることをまあまあ抑えることができます。

メニュー

Copyright (C) 2014 肌トラブルの予防メモBLOG! All Rights Reserved.